急性膵炎の恐怖から開放。奇跡的な中性脂肪の減少



oo         ooooo
         ※ ※ ※ 人気ブログランキング 応援よろしくお願いします ※ ※ ※    



 



 今日掛かり付けの病院で、先日の血液検査の結果を聞く。




 中性脂肪が少し高いように見えるが、他は正常。
 
 まあ、良いでしょう。と、普通の人はこれでオシマイ。

 でも、おいらは違うぜ。


 先生曰く。 「今日は、すごいお知らせが有ります。信じられません。」 と・・・

 なんだろう。不安になる。






 前回検査を聞いた時。3月8日の会話

 先生 「中性脂肪は、1134です。正常値は40-149ですから、ケタ違いです。急性膵炎の恐れが有ります。」 
 
    「急性膵炎は怖いですよ。自分の酵素で、内臓を溶かしてしまうんですよ。」

 自分 「痛いんですか。」とマヌケな質問。痛いに決まってる。

 先生 「死んだほうがマシと思うくらい痛いそうですよ。」

 自分 「・・・・・」 まあ、そう言われて3年位たつかな?大丈夫さw

 先生 「肝臓の値も悪くなってますので、お酒は控えてください」

 自分 「やめたほうが良いですかね?」

 先生 「出来れば止めた方が良いですね。まあ、少し控えて下さい。」

 自分 「・・・・


  家族の協力も有り、お酒を 控える 事にしました。

 1か月後 4月5に採血。






 で今日の結果発表!!

 先生 「信じられませんね、中性脂肪161↑です。薬が効き過ぎましたね。」

     ・・先生は、おいらがお酒を控えたことを信じていない?
 自分 「お酒を控えたからですかね~~・」

 先生 「いや~~。信じられない。」 
    「肝臓も、尿酸値も良くなってます。こんな事、見たこと無いな~~。」

 自分 「・・・」頑張りましたから。。」

    結局先生は、自分がお酒を控えたことを信じてくれたのだろうか?


    1ヶ月間焼酎1合を、お湯割り。これだけで値が改善されました。
 
    って、どんだけ飲んでたんだよ(笑)




参考 前回の検診結果。



  そういえば、昨年退院して、丁度1年です。お祝いに一杯飲みますか(笑)












拍手[1回]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック